Artist

勝手にウッドストックに参加するアーティストをご紹介いたします!


LineUp

アーティストラインナップ&出演日

Stage

ステージ出演者

S A B 9/17出演アーティスト
●高田漣
●コロリダス
●ベルボトムズ
●BLACK BOTTOM BRASS BAND
●おおはた雄一
●イノトモ&塚本功
●優河
●ナオユキ
●大石みつのん
S A B C 9/18午前出演アーティスト
●馬浪マラカス団
●東京ローカル・ホンク
●ナギラアツシとワンダフルワールド
●ザッハトルテ
And More!!!
※予定されていた青谷明日香さんの出演は、青谷さんの出産の都合によりキャンセルとなりました。楽しみにされていた皆様申し訳ありません。
※9/18午前出演アーティストにつきまして、B・Cコースの方は入退場移動時間の関係でご覧になれない可能性があります。見逃したくないあなたは、どうぞSorAコースにてお申込みください。

S AC 9/18午後出演アーティスト

●RIKIMARU
●木下航志
●Rockin' Enocky
●ハッチハッチェルオーケストラ
●渡會将士
●ハチャトゥリアン楽団
●たをやめオルケスタ
●バンバンバザール

Profile

アーティストプロフィール


高田漣

1973年、日本を代表するフォークシンガー・高田渡の長男として生まれる。少 年時代はサッカーに熱中し、14歳からギターを始める。17歳で、父親の旧友で もあるシンガーソングライター、西岡恭蔵のアルバムでセッション・デビュー を果たす。スティール・ギターをはじめとするマルチ弦楽器奏者として 、YMO、細野晴臣、高橋幸宏、斉藤和義、くるり、森山直太朗、星野源、等の レコーディングやライヴで活躍中。ソロ・アーティストとしても6枚のアルバ ムをリリース。2007年、ヱビス<ザ・ホップ>、プリングルズのTVCMに出演 。同年夏、高橋幸宏の新バンド構想の呼びかけにより、原田知世、高野寛、高 田漣、堀江博久、権藤知彦の計6人で「pupa」結成。2013年、映画「横道世之 介」、「箱入り息子の恋」のサウンドトラック、シティボーイズの舞台公演の 音楽を担当。同年6月、豪華ゲスト陣が参加したソロ・アルバム「アンサンブ ル」をリリース。2014年、宮沢りえ主演のテレビ・ドラマ「グーグーだって猫 である」の音楽を担当。2015年4月には高田渡の没後10年を機にトリビュート ・アルバム「コーヒーブルース〜高田渡を歌う〜」をリリース。

S A B  Website


東京ローカル・ホンク

「1994年、ロックバンド“うずまき”とし て 誕生、2001 年 " 東京ローカル・ホンク " に 改名。今までにライブを含む4枚のアルバムを発 表。他アーティストとの共演や 作品への参加、ドキュメンタリーの音楽担当などその実力は各方面で評価されている。 歌詞、メロディ、和声、編曲、演奏の全てに おいて最高を目指す反面、そのサービス精神 はステージングや客あしらいにまでは及ばな い偏った四人組。「生活の中にある小さな 真、 善、 美の追及こそが閉塞した時代に風穴をあける」という思い込みを原動力に前進し続ける楽しいバンドです。」

S A B C  Website


木下航志

1989年5月8日 鹿児島に生まれる。未熟児網膜症の為、生後1ヵ月で失明2歳にして、お母さんが買ってくれたおもちゃのピアノを弾き始め、5歳でクラッシックピアノを始める。そして、8歳にして鹿児島にてストリ-トライブをスタ-ト。 1996年NHK「みんな生きている・かがやくメロディ-」他、ドキュメンタリー番組にて紹介される。 2002年13歳にして初のNYライブが実現。 2004年NHK 総合「響け僕の歌 木下航志14 歳の旅立ち」が放送され、大反響。アテネパラリンピック2004 のNHK テ-マソング「Challenger」を担当。 2005年愛・地球博EXPOドームにライブ参加。 2007年初の書籍「Voice ~とどけぼくの歌声~」(小学館)出版。京成電鉄 京成スカイライナ- TVCMソングに採用される(本人もCM出演) 。初のDVD「木下航志18 才の夏 ソウルを求めて」を発表。 2009年日本人初のニューヨーク国連でのパフォーマンスを行う。また、この年から“GOSE TO SCHOOL”と題し、全国で学校ライブを開催。 2010年6月 北米最大のゴスペルイベントにてパフォーマンス。 2011年10月 初フルアルバム「KOHSHI」をリリース。MONGOL800のキヨサクなど実力派ミュージシャンとのコラボに挑戦し、高い評価をうける。 2012年全国ツアーとして、50カ所以上でイベント・ライブを実施。「BLIND WORLD LIVE」(真っ暗闇ライブ)スタート(2016年3月時点で19回) 2014年 11月アジア初の東京開催,ブラインドサッカーワールドカップで日本代表初戦にて公式応援歌を独唱 12月 初カバーアルバム「ワンダフル・ワールド」をリリース。 2015年デビュー10周年を迎えた。

S AC  Website


Rockin' Enocky

椅子に座り左足でハイハット、右足でバス・ドラムのペダルを踏み鳴らしながら、ギターをかき鳴らすワン・マン・バンド。 華麗なギターはもちろん哀愁溢れる歌心はまさに玉音!必聴!まさに勝手にウッドストック、森の陛下!毎年ありがたい、ありがたいです!どうぞお楽しみに!

S AC  Website


コロリダス

2010年結成。お茶の間と世界をつなぐラテンバンド。赤ちゃんは笑い出し、おばあちゃんは踊りだす、南米系みんなのうた。 商店街のお祭りからクラブイベントまで場所や観客を選ばないライブを中心に、子ども向けワークショップやCM音楽の制作など、幅広く活動中。2013年ファーストアルバム『デパート』発売。東京都公認ヘブンアーティスト。 2016年セカンドアルバム『coloridas』発売。今年も勝手にウッドストックのステージにやってこれた!よかったねコロリダス!頑張れコロリダス!

S A B  Website


RIKIMARU / りきまる

音楽に縁のない日々を送っていたが、14歳のある日にたまたまTVに出演していたBoyzⅡMenの歌声に衝撃を受け、 Babyface、Brian McKnight、Steive Wonder、Lauryn Hill、Whitney Houstonなどのブラックミュージックを好んで聞くようになる。 いつしかステージで歌うことを夢みるようになり、17歳で独学でギターを始める。 Eric ClaptonやThe Eaglesなどのバンドサウンドに触れ、18歳の時に高校の文化祭で初のバンド演奏を経験。 卒業後、母親(画家兼看護師)の影響を受け看護師の資格を取る。 20歳で、Mary days storyに参加、Vo & Gt を務めながら楽曲を提供し、自主制作で3枚のmini albumを発表。 そのほとんどの楽曲がRIKIMARUの作詞作曲によるもので、 その胸を打つ詞とメロディラインにファンが急増。 2nd mini albumのレコ発ツアー(関東13ヶ所)ファイナルでの初ワンマンLIVEでは200人動員。 都内で行われた3rd mini albumのレコ発ツアー(関東・関西計9ヶ所)ファイナルでは約150人を動員。 10-FEETやMAN WITH A MISSION、POLYSICSとの共演や、YAMAHA主催「Music Revolution」や島村楽器主催「HOTLINE」でグランプリやオーディエンス賞を受賞。 テレビ朝日「ストリートファイターズ」に出演。 茨城県内では茨城出身のインディーズバンドとして NHK水戸放送局、茨城新聞、茨城放送が立ち上げた キャンペーン「茨城魂」の視聴者ネット投票により、 「茨城のうた」代表アーティストに選出される。 2013年8月Mary days story を脱退。 2013年9月より音楽と看護師を両立させながら 東京を中心にソロでシンガーソングライターとして音楽活動を開始。

S A B C  Website


馬浪マラカス団

2003年結成。2004年より都内ライブハウスにて活動を開始し数度の退団があり2005年現在のメンバーが揃う。2010年に一度活動休止するが2012年より再始動。 ジャズ、ブルース、ロック、J-POP等に影響を受けた下らなくも笑って踊れる楽曲が持ち味。 下北沢や八王子を中心にナイスなライブをマイペースに展開中。 先日、下北沢にてバンバンバザールとの競演時に馬並みに猛烈アピールをうけ泣く泣く承諾!勝手にウッドストックに急遽登場決定!どうぞお楽しみに!

S A B C  Website


ナギラアツシのワンダフルワールド

2014年、バンバンバザール主催イベント「勝手にウッドストック」打ち上げ会場にて結成。リーダーのナギラアツシを中心に、各々のバックグラウンドが絶妙に絡み合ったライブ演奏は各地で評判を博している。 2015年には待望のファーストEP「What's a Wonderful World?」完成。珠玉(?)の6曲入りで会場限定販売中。 相模湖発世田谷経由、行き先不明だが幸先いいね!夜露死苦哀愁!よかったねなぎらくん!

S A B C  Facebook


ハッチハッチェルオーケストラ

ここはナポリか熱海かビアガーデンか?『デタラメインチキ紳士』でおなじみのハッチハッチェルがポンコツ仲間たちと作り上げる極楽ワールド楽団。 ほろ苦くも美しい、クダラナくも素晴らしい人生に讃歌を!コケッコッコー! 息を抜くぜ!これぞ天国の大衆音楽!! ハッチハッチェルを中心に最高のメンバーでお届けする最高のステージ、勝手にシリーズのヌシだ!! 今年もくる!はいご一緒に!ハッチェルハッチェル!!

S AC  Website


渡會将士

a.k.a. FoZZtone / brainchild's / HANDSOME etc. アイリッシュ民謡とソウルミュージックをうわーっとファンクする天才。 菊地英昭氏(THE YELLOW MONKEY)によるプロジェクトbrainchild’sのヴォーカルや クリエイティブアイドルHANSAMEのメンバーとしても活躍中。 全日本晴れ男ランキング(バンドマン部門)25位

S AC  Website


おおはた雄一

1975年茨城県生まれ。シンガー・ソングライター、ギタリスト。2004年1stアルバムを発表。 現在までにオリジナルアルバム7枚のほか、カバー集、ギターインスト集など合わせ、13枚のアルバムを発表している。 代表曲「おだやかな暮らし」は、多くのアーティストにカバーされる。楽曲提供(湯川潮音、畠山美由紀etc)、アルバム参加は100作以上にのぼり、 映画・CM音楽、ナレーション等活動は幅広い。ライブでは、芳垣安洋(dr)・伊賀航(B)とのトリオや、坂本美雨とのユニット「おお雨」、 福岡晃子(チャットモンチー)とのユニット「くもゆき」などでも活動。2015年、2年半ぶりにオリジナルアルバム「夜の歌が聴こえる」をリリースした。

S A B  Website


ハチャトゥリアン楽団

若手ニューオリンズ系音楽団。ジャズ発祥の地、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズの音楽、文化、人々に魅せられたこのバンドが紡ぎだす楽しいリズムと、 どこか懐かしいメロディー。子供を躍らせ、お父さん、お母さんを笑顔にし、おじいちゃん、おばあちゃんを癒す音楽。古いニューオーリンズ・ジャズを中心に、ポピュラーソング、 映画音楽、ニューオリンズ・ファンク、オリジナル曲等、様々なナンバーを演奏し、聴く人は、ハチャトゥリアン楽団という窓を通して、現地ニューオリンズの素敵な景色を見る。 都内のライブバーなどを中心に、お客さんとの距離が近い演奏場所にて、現地ニューオーリンズの楽しさを直接普及させるため、日々活動にいそしんでいる。 商店街、デパート等のイベントにて賑やかしのパレードを行うことも非常に多く、地域の子供たちと共に音楽を奏でることも大切にしている。 2012年末には、日本最古の年跨ぎ音楽イベントである、「内田裕也PRESENTS 40th NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL」に出演し、活動の幅をさらに広げる。

S AC  Website


優河

1992年2月2日東京生まれ。 2011年からシンガーソングライターとしての活動を開始。 2015年11月、プロデューサーにゴンドウトモヒコを迎え、1stオリジナルフルアルバム「Tabiji」をリリース、 2016年3月からおおはた雄一と全国をまわるツアー「舟の上の約束」を開催、渋谷duo Music Exchangeでのワンマンライブも大盛況となった。

S A B  Website


ナオユキ

R1ぐらんぷり2011ファイナリスト。唄うように喋る独特のスタイルでミュージシャンとの共演も多い。唯一無二、流浪のスタンダップコメディアン。切り取られていく街の景色。 暴かれていく人の裏側。 酒場を舞台に繰り広げられる切なくも愛しい酔っ払い達の物語。 唯一無二、孤高のスタンダップコメディショーへようこそ。今年も相模湖に彼のブルースが響き渡る!!

S A B  Website


イノトモ&塚本功

夢のデュオ!相模湖に登場!

イノトモ プロフィール

福岡出身、東京吉祥寺在住。 これまでに10枚のシングル、10枚のアルバムを発表。 なにげない日常の風景と、その中で生まれるささやかな心の動きを、 ギターを奏でながら歌う。NHKみんなのうた、NHK教育アニメ「しばわんこの和のこころ」のテーマソング、NHK「おかあさんといっしょ」への楽曲提供の他、CMやTV番組 への楽曲提供や歌唱も数多く、最近ではベルコ、ハウス食品のCMでその歌声が聴ける。くるりのシングル「Birthday」のコーラス参加、坂本龍一総合監修の 「にほんのうた第四集」への参加、ハナレグミのアルバム「オアシス」へのコーラス参加等、他アーティストのアルバムやコンピレーションアルバムへの参加も数多い。 最近は絵本や日本文学の朗読活動もはじめている。ライブ活動はマイペースに各地で行っており、その飾らないふんわりとした人柄が伝わるようなトークもまじえながら、しあわせな歌を届けている。

塚本功 プロフィール

ネタンダーズ ギタリスト&ボーカリスト。90年代初頭にピアニカ前田率いるピラニアンズでデビュー。 以降小島麻由美、スライマングース、スチャダラパー率いるThe HELLO WORKS、ASA-Chang&ブルーハッツ等の専属ギタリストを務めつつ、数々のセッションやレコーディングに参加。 デビュー当初から、唯一の所有ギターギブソンES175Tをアンプに直結スタイルを貫き続け今に至る。 昨今はソロライブも平行して展開中。ギター1本とは思えぬ迫力ある演奏が、全国各地での熱い支持を獲得している。

S A B イノトモ's Website 塚本功's Website


BLACK BOTTOM BRASS BAND

1993年に関西で結成、ニューオリンズスタイルをベースにしたブラスバンド。 その音楽性は多岐にわたり、様々なアーティストとコラボレーションすることで、ジャンルを超えて多様化し進化していく。 ストリートパフォーマンスが話題となり、1996年にメジャーデビュー。以来、21枚のアルバムを発表。2015年5月、ニューアルバム『Harmonise』発売! 全国各地をライブツアーで飛び回り、FUJI ROCK Fes・台中Jazz Fesなどの国内外野外フェスに多数出演。 また、音楽の楽しさをストレートに感じてもらうWorkShopも各地で好評を得ている。 その場を一気に「祭り」にするそのFUNKY なGROOVE が世界中を駆け抜ける!

S A B  Website


たをやめオルケスタ

水分不足のビッグバンド界に華麗なる殴り込み。 2008年結成、オンナだらけのトロピカルBIG BAND。大所帯とはいえ、どのバンドにも 負けない団結力とパッションでもって、しみったれたジャズとは一線を画す、ポップな魂を込めた ド迫力のステージを展開中。 まさにビッグバンドの常識を覆す新感覚ビッグバンド。楽曲はもちろん全曲メンバーのオリジナルアレンジ。さらに舞台演出や衣装制作、グッズのデザイン、 YouTube動画までもメンバーの手でプロデュースしているこだわりぶり。 「手弱女」と書いて「たをやめ」と読むが、そんなか弱く儚いネーミングとは裏腹に、タフな オンナたちはぐいぐいと前に進んでいく。2013年に1st Full Album「緞帳プレリュード」、 2014年に 2nd Full Album「紺碧レジーナ」、2015年三部作の完結編となる3rd Full Album「手弱女アルドーレ」をリリース! そして2016年、ついに初のライブ盤「タヲヤメライブ」をリリース!

S AC  Website


ベルボトムズ

ちょっとアナクロなスペシャルユニット「ベルボトムズ」がいよいよ活動開始!左から、まよ、ターン、サンちゃん。 メンバーは、「Mr.サマータイム」「アメリカン・フィーリング」で知られる日本を代表するコーラスグループ「サーカス」のリーダー叶高。「飛んでイスタンブール」「モンテカルロで乾杯」がヒット、 女性ニューミュージック・シンガーを代表するひとり、庄野真代。そして数多のプロデュースワークをはじめ、稲垣潤一、やしきたかじん他多数アーチストへの楽曲提供で知られるマルチ・プレイヤー&シンガーソングライター坂本洋の3人。 メンバー全員が歌ってハモれる特色を生かし、各人のヒット曲と新旧の名曲の数々をちりばめ、思わず微笑む小芝居やトークを織り交ぜた、大人向けのミュージックショーです。 すでに各地で大好評をいただいています。ベルボトムをはいて来る固定ファンもついて来ました! 音楽大先輩のこのお三方が、まさかまさかの勝手にウッドストックに登場!!!!乞うご期待!

S A B  ターン's Website  まよ's Website  サンちゃん's Website


ザッハトルテ

京都から発信する、新しくも懐かしいインストゥルメンタル(唄のない)・バンド。  アコーディオン、チェロ、ギターという、世界的にも珍しい絶妙な組み合わせから、ミュゼット、アイリッシュ、ジプシースウィング、ボサノヴァ、ロック、クラシック等々、広くヨーロッパの古き良き大衆音楽の雰囲気を取り入れた、彩り豊かなオリジナル曲を演奏している。  通算1000回を超えるステージで培われた、カフェでもホールでも、子供でもお年寄りでも、まさに老若男女があらゆる場面で楽しめる楽曲とパフォーマンスに定評がある。  2002年の春、京都は西陣の小さなカフェ「さらさ西陣」で始まった「月例お食事ライブ」とほぼ同時期に結成、以降現在までNo Chargeのカンパ制のスタイルで毎月欠かさず続けている。全国各地で生音カフェツアーを開催する等、カフェライブの先駆け的存在。  ストリート、カフェ、バー、ライブハウス、ロックフェス、美術館、コンサートホール等、活動の幅を広げ、大小問わず、様々な場所で、年間100回を超えるライブ活動をしている。  一方、2004年フランスのアコーディオンフェスティバル"Le Grand Soufflet"に招聘、Summer Sonic’08、ap bank fes等のロックフェスティバルに出演、松任谷正隆プロデュース「THE 料理 SHOW」の音楽、アフラックのテレビCMで「アヒルのワルツ」「持病の歌」のインストバージョン、NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」のヒット曲「ドコノコノキノコ」の作編曲・演奏、同番組クリスマススペシャルに出演、舞台『素浪人ワルツ』等、各方面で精力的に活動している。

S A B C  Website


青谷明日香

ピアノ弾き語りシンガーソングライター、青谷明日香。郷愁あふれる田舎の風景から、哀愁ただよう都会のビルの風景まで、様々な主人公の物語を歌い紡ぐ。 FUJI ROCK FESTIVAL等の野外フェスや、お寺、神社、公民館、カフェ、バー、旅館等。演奏場所を選ばないスタイルで、年150本を超える演奏ツアーを敢行。 また、テレビ、ラジオ、CM等への楽曲制作も行う。笑いあり涙あり、じわじわと感情ゆさぶる楽曲で、全国各地でファンを増やし続けている。

※青谷明日香さんの出演はご本人の出産のご都合により、キャンセルとなりました。楽しみにされていた皆様申し訳ありません!お子さんを連れた青谷さんの再登場、お待ちしております!

 Website


大石みつのん

カメレオン・ヴォイスと称される七色の声と独特に適当なギター、Jazz・Blues・Rockn’Roll・歌謡曲、好き嫌いなく良く噛んで、SWINGのリズムに乗せて吐き出す。 2007年、“ちょい濡れボーイズ”Vo・GとしてGet Hip RECORDSより『Swingin' and Truckin'』を発表、世界中のコアなRoots musicファンから熱狂的な支持を受ける。 2010年頃より平成のボードビリアンとして日本全国を舞台にソロ活動を開始、2013年秋、CD『Swingin' Chameleon』を発表。ゆりかごから墓場まで、人々の泣き笑いを演出する不惑の男。

S A B  Website


バンバンバザール

勝手にウッドストックの首謀者、バンバンバザール。オールドタイミーでルーツの香りのするGOODMUSICを独自の感性でブレンドした作品を発表し続けるライブバンド。自由奔放な活動を続ける。野外ライブイベント『勝手に』シリーズの首謀者。、彼らのステージに期待ください!

S AC  Website

多彩な出演者続々登場、お楽しみに!

勝手にウッドストックは見逃せないアーティストが勢ぞろいとなりますよ!ラインナップを考えるだけでもワクワクしますね!まさに勝手な音楽フェスがここに!!!


Event

イベント

勝手にウッドストックのたのしみどころ

まさに"勝手に"楽しむことが出来る野外イベント、それが勝手にウッドストック!ライブステージはもちろんなのですが、それ以外にも夜通し楽しいことたくさん!もう眠れない!?


ミュージシャンによる”夜の生音、セッション”

出演者もお客さんも集まって勝手に演奏を始める、こんな自由な時間、勝手にシリーズでしかありえない!!この夜のためだけにも全国から集まる価値あり! もちろん無料!最近は近隣にも配慮の上、生音で集中して楽しんでおります!




ライブステージはもちろん、セッションや、催し物など!実に楽しみな勝手にウッドストック。
様々な質問、ライブ依頼、お問い合わせ、ライブの感想など、すべて事務局へメールでご連絡ください!

wsinfo@ban-ban-bazar.com